今週のゲストは、The time is looking for the new lifeの樋口一さんです。

今週のゲストは、The time is looking for the new lifeの樋口一さんです。

あっという間に偏差値30↑↓?
今週のゲストは、The time is looking for the new lifeさんです!

4月3日 水曜日 夜10時
私のラジオ番組「GBのワシにも言わせろ!」に、The time is looking for the new lifeの樋口一さんが登場します。

Office FreeStyleという芸能プロダクションに所属する、一人ユニットのアーティストです。
この収録のため、東京から来てくれました。
2016年にファーストCD「呼吸をするように、光る」をリリース、そして先月、セカンドCD「2019」をリリースしたばかりです。

放送の後半では、
1枚目のアルバムから「バード」。そして新しいアルバムから「スペシャル」の2曲をスタジオで生演奏してくれます。
樋口さんの音楽はとてもメッセージ性があり、エーケンが子供のころから活躍しているある女性アーティストを思い出しました。皆さんはどのように思うでしょうか。

人間性にスポットを当ててみましょう。
中学生までは偏差値70越えの優等生。まさに「東大一直線」の道を歩んでいました。
でもある時、ラジオから流れる筋肉少女帯の「キノコパワー」を聞いた瞬間ビビッときて音楽に目覚め、進学校に入学したもののバンド活動にダダはまり、成績はダダ下がりで偏差値が一気に30ダウン、以来ずっと音楽活動を続けています。

東大には行かなかったけど音楽に出会えた、それは幸か不幸なのか?
はっきり言えるのは、それくらい好きになれるものに出会えてよかったということですね。

大学生の時、憧れの先輩に「ボーカルやってみたら?」と言われ、カラオケボックスで練習を積んで音痴を治してボーカルデビュー。
音痴って治るんですね。

ずっとライブハウスでのライブを続けてきましたが、イオンでライブをやったことがアーティストとして成長するきっかけになりました。知り合いばかりでみんなが肯定的に見てくれるライブハウスではなく、不特定多数のお客さんの前でやったことで、どうやったら演奏途中で立ち去らずに聞き続けてもらえるかを真剣に考えるようになったからなのだそうです。

樋口さんは、横浜市でこの春開局する予定のコミュニティFM放送局「マリンFM」で「ハマカフェGOGO」という番組に関わります。
関わり方、当初はアーティストとしてだったのが、パーソナリティできそうだからやってとなり、さらに番組作りに関わるうちにディレクターもお願い、ということになったのだとか。さすが才媛、マルチな才能をお持ちです。

The time is looking for the new life(樋口さん)てどんな人?と興味がある人は、Office FreeStyleのアーティスト紹介のページで↓
https://www.officefreestyle.com/blank-8
サングラスをかけた女性がそうです。

演奏と歌声も是非聴いてくださいね。

昨年までAI(人工知能)の仕事に携わっていて、そちらのことにも詳しく、打ち合わせではAIが影響する人類の未来のことまで語ってくれました。4月3日(水)夜10時からの「GBのワシにも言わせろ!」ぜひお聴きください。
ラジオを聴くにはこちら↓の関西チャンネルの再生ボタンをクリック。
http://www.yumenotane.jp/now-playing

「GBのワシにも言わせろ!」は、
行政書士業務や高齢者支援業務を通じて、全世代の幸せを願う竹中永健が、夢を追う人を全力で応援するラジオ番組です。

あなたもラジオに出てみませんか?
出演を希望される方はこちら







コメント


認証コード5652

コメントは管理者の承認後に表示されます。